旦那さんの実家へのお中元には何がいい?おすすめの食べ物ギフト20選!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

旦那さんの実家へ送るお中元は選ぶのが難しい…

暑くなってくると気になるのがお中元。もらって嬉しい反面、自分は何を贈れば良いのか、誰に贈るべきか毎年悩みの種という人も少なくないでしょう。特に旦那さんの実家へのお中元は気を使うもの。新婚なら初めてでマナーやルールが分からないこともあるでしょう。また、毎年のことなら贈るものに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、旦那さんの実家へのお中元におすすめの贈り物や、そもそもお中元とはについて紹介します。お中元を贈る上での知っておきたいルールやマナーも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

旦那さんの実家のへのお中元に悩んだら

結婚していれば必ずといっていいほど悩むのがお中元。両家で贈り合うのは面倒だからやっていないという家庭もあるでしょう。しかし、中には暗黙の了解で贈るものと思っている家庭も多くあります。旦那さんの実家にお中元を贈るべきか送らなくて良いのかは旦那さんとよく相談する必要がありますが、迷っているなら贈るのが妥当です。

年に数日しか旦那さんの実家には行けないという人こそこのお中元といういい機会を利用し、旦那さんの実家の両親に日頃の感謝の気持ちを伝えることができるのです。また、お中元を贈ることで旦那さんの実家との関係もより良好にいかもしれません。お中元やお歳暮はコミュニケーションの一環として贈っておくのが間違い無いのです。

そもそもお中元ってなに?

さて、そもそも「お中元」とはなんなのでしょうか。夏の時期になると形式的に贈るものとなっている人もいるのではないでしょうか。ここではお中元の始まりや本来の意味を確認しておきましょう。

お中元とは古くに中国から伝わった慣習です。中国三大宗教の道教では、一年に3つの元があり、上元(115日)、中元(71日)、下元(1015日)と呼ばれ、神様に贈り物を捧げる習慣がありました。そのうち71日の中元付近には、盂蘭盆会(うらぼんえ)という先祖を供養する日がありました。その「中元」と「盂蘭盆会」の習慣が混じり合って日本に渡り、先祖やお世話になって人に贈り物をするという慣習になりました。

江戸時代には、お盆にご先祖様へのお供物とともにお世話になった人に贈り物を渡す習慣が定着しており、両親や親類などの先祖や取引先の商人や上司などのお世話になった人にお中元を出していました。

また、現代では、1年の折り返しを迎えるこの時期に感謝を見える形で伝える意味合いや、暑い時期に健康を気遣って贈る意味合いもあります。中には、お世話になっている近隣の家に良好な関係を築くために贈る地域もあるようです。いずれにしても感謝の思いや、心遣いの現れがお中元なのです。旦那さんの実家にもお中元は贈るのが礼儀と言えるでしょう。

合わせて読みたい記事はこちら!

実家の両親へのお中元おすすめランキング30選!家族への人気ギフトとは?

お中元におすすめなアイスの詰め合わせ15選!夏にぴったりのギフトを紹介!

お中元の値段相場や適切な値段は?

お中元には一般的な価格相場があります。あまり高額でも安価でも相手に気を使わせてしまいます。そこで贈る先や相手との関係性によって相場を把握しておくといいでしょう。もちろん旦那さんの実家に贈る場合にも一般的な相場があります。ここでは一般的な価格相場をについて解説します。

お中元は基本的に、お世話になった人に贈りますが関係性によって金額は変わります。友人・親戚なら3000円前後、職場関係・上司には5000円前後、特別お世話になった人なら10000円前後が一般的です。旦那さんの実家に贈るお中元は3000円~5000円前後がちょうどいいと言えます。もし、特別お世話になっていたり、旦那さんの実家の家族の人数が多いなら少し高いものを贈ったり、人数分の量があるものを贈りましょう。価格相場の目安があるものの臨機応変に対応することが必要です。

気をつけたいマナーとは?

旦那さんの実家にお中元を贈る場合はもちろんですが、お中元を贈る上では気をつけたいマナーやルールがあります。知らずに贈ってしまうと、せっかく贈ったのに思わぬ誤解やトラブルの元になりかねません。ここでは、旦那さんの実家にお中元を贈る前に、一般的なお中元のマナーやルールを確認しておきましょう。

お中元のマナーで最も重要なのが、贈る相手を考えるということです。日頃の感謝を表す意味で贈るお中元ですから、迷惑になってしまってはいけません。お中元では食べ物や飲み物を贈るのも特徴。特に、旦那さんの実家に贈る際には細心の注意をしましょう。例えば、生もの。お中元として贈る場合も多いですが、相手がすぐに受け取れない場合には迷惑になってしまいます。

その他にも、お中元で多いビールなどのアルコールも旦那さんの実家の家族で飲めない人がいれば全員で楽しむことができないでしょう。同様にアレルギーがある食べ物を贈るのは良くありません。糖尿病などの持病がある場合も贈るものに配慮が必要です。事前に旦那さんに実家の家族の好みやアレルギーはないかなども確認しておくことで失敗を防げます。贈る前に必ず確認し、旦那さんの実家の家族全員で楽しめるものを贈ることを心がけましょう。

喪中の場合はどうすればいい?

お中元を贈る上のマナーで気になるのが、旦那さんの実家が「喪中」の場合。この場合、お中元を贈るべきか、送らないべきか迷うでしょう。一般的には、旦那さんの実家が喪中の場合でも、お中元は贈っていいとされています。なぜなら、お中元は、前述の通り「日頃の感謝を表すもの」であり、喪中の際にマナー違反とされるお祝いごととは違うからです。

同様に、自身が喪中の場合に旦那さんの実家からお中元が送られてきた場合は受けとってもいいのがマナーです。ただし、旦那さんの実家が四十九日を過ぎていない場合は注意が必要です。この場合、お中元を贈るのは避けたほうがいいかもしれません。気持ちの整理がついてない場合もありますし、お返しの手間をおかけする場合もあります。旦那さんと相談し、四十九日が明けてから贈るか、場合によっては控えることも必要です。

旦那さんの実家にお中元を贈る際は、旦那さんの家族の顔を思い浮かべ、感謝の気持ちと、喜ぶ顔を想像しながらマナーに配慮したものを贈れるよう心がけたいものです。

お中元を贈る時期

お中元を贈る時期にもある程度のマナーがあります。一般的には、7月中旬から立秋までと漠然と決められていますが、地域によって贈る時期が細かく異なります。ここでは、地域ごとのお中元を贈る時期について解説します。せっかく贈るのですから、時期はしっかりと把握し失礼がないようにしましょう。

・北海道 7月中旬~8月15日まで

・東北/関東 7月初旬~7月15日まで

・北陸 地区によって 7月中旬~8月15日か7月初旬~7月15日

・東海/関西/中国/四国 7月中旬~8月15日まで

・九州 8月1から8月15日まで

・沖縄 旧暦の7月15日まで(毎年確認が必要)

お中元を贈る時期は地域によってこんなにも差があります。最も早い関東をはじめ、沖縄など旧暦が基準になるので少し注意が必要です。最近では、東京などを中心に、お中元を贈る時期が早まっている事例も出てきています。

また、北陸の中でも、金沢7月初旬~7月15日は、能登などは7月中旬~8月15日と時期がさらに時期が異なる場合もあるので贈る前に旦那さんに確認するなど注意が必要です。もし、お中元を時期中に出しそびれてしまった場合は、暑中見舞いとして贈るようにすると良いでしょう。

旦那さんの実家にはどんな物を贈れば良いの?

旦那さんの実家だからといって特別な物にする必要はありませんが、マナーを守った上で、一般的なものでしっかりと感謝の想いが伝わる物を贈りましょう。夏真っ盛りという季節柄、やはり夏を意識した清涼感のある食べ物が喜ばれます。ビールやゼリーフルーツなどです。フルーツなどの生ものでも相手が確実に受け取れるのであれば問題ないので夏らしい物を贈るのがおすすめです。また、その他にも旦那さんの実家にいる家族のことを考え、人数や好みにも配慮した気遣いのあるギフトを贈りましょう。

お中元にタブーなもの

お中元はマナーを守って感謝が伝わるものならなんでもいいというわけではありません。昔から贈るのには良くないといわれているものもあります。せっかく贈ったのに気分を害されないようにお中元に贈るのにはタブーとされているものをいくつか紹介します。これらのものに当てはまらないか贈る前に考えて見ましょう。

・靴下や靴(相手を踏む、踏みつけるという印象を与える)

・ハンカチ(手巾と書き、手きれを連想させます)

・筆記用具(勤勉さが足りないととられます)

・下着や肌着、現金(いつもみすぼらしい、施しを与えるという意味合いになります)

・刃物、鋭利な物(縁を切ることを連想させます)

・4、9に関するもの(死、苦を連想させます)

・鞄(目上の人には通勤を連想させ失礼になります)

・お茶や海苔(香典返しの意味合いが強い品です)

このように、想像すればなんとなく分かる物ばかりです。最近では、気にする家庭も少なくなってきてはいますが、不快にさせてしまう場合あり得ます。そんなつもりはなくても知らなかったではすまないトラブルも招きかねませんのでお中元を贈る際は、贈ってはいけないものやマナーに十分注意しでギフト選びをしましょう。

贈るのに注意が必要なもの

お中元を贈る際、マナー違反ではありませんが、注意が必要な物もあります。それは、商品券です。商品券は、好きなものに変えられるので贈る側も贈るものを考えずに済みますし、貰った側も好きなものに変えられるので案外嬉しい物です。しかし、現金と近い意味合いがあり、施しを与えるという意味でとられる可能性があるので贈るのには注意が必要です。

そう言われると贈るのには少し躊躇しますが、貰って嬉しいお中元ギフトとしても毎年人気でランキングの上位を占める贈り物です。そのため、ある程度気が知れた仲だったり、何度かやり取りのある人などには良いかもしれません。また、誤解を招かないためにも直接渡せる相手だとなおよさそうです。

旦那さんの実家へのお中元におすすめな食べ物ギフト【定番食べ物編】

それではここからは、早速、旦那さんの実家におすすめのお中元を厳選して紹介します。まずはお中元の定番ともいえるおすすめの食べ物ギフトを紹介します。迷っている人や、談なの実家に始めてお中元を贈るという人にもおすすめの食べ物ギフトばかりですので是非参考にしてみてください。

ウェルチ 100%果汁ギフト(28本)

引用: 楽天

お中元の定番として人気のジュース。特に、旦那さんの実家や親族に小さな子供がいる場合、集まった際にみんなで楽しめる嬉しいギフトです。ジュースのお中元は良くあ里ますが、中でも140年もの歴史のあるウェルチは昔からお中元の定番として選ぶ人も多く、フレッシュ果汁100%なのも魅力です。グレープ、アップル、マンゴーブレンド、ホワイトグレープ&レモン、オレンジがそれぞれ入っているのも嬉しいです。またギフト包装の対応もしてくれるので通販でも安心してお中元として贈れます。

詳しくはこちら

銀座千疋屋 銀座ゼリーB

引用: 楽天

お中元といえばゼリーというイメージのある人も多いのではないでしょうか。夏の暑い時期にするっと清涼感のあるのど越しが嬉しい食べ物です。こちらは老舗果物屋でもある千疋屋の高級フルーツをふんだんに使用したゼリー。最高級のゼリーという点からもお世話になった人への贈り物にふさわしいといえます。マンゴー、キウイ、ブルーベリー、さくらんぼ、グレープフルーツ、ラ・フランスなど計9個のゼリーの詰め合わせなので旦那さんの実家の人数が多い場合でも対応できるでしょう。また、専用ののし紙も付けてくれるのでおすすめのお中元ギフトです。

詳しくはこちら

果実の宝石箱のようなフルーツコンポートセット

引用: 楽天

ゼリーも良いけど少しおしゃれな食べ物を送りたいという人におすすめなのがこちらのフルーツコンポート。ジュレと一緒にコンポートされたフルーツが瓶詰めになっています。見た目がおしゃれで一味変わった気の利いたお中元になりそうです。ゼリーよりもダイレクトにフルーツが感じられる上、日持ちもするのでお中元に葉ぴったり。毎年ゼリーはたくさん貰うと言う旦那さんの実家にもおすすめです。桃やみかんなど大人も子供も好きなフルーツなのも嬉しいです。

詳しくはこちら

手延べ干しめん(調味料付) 稲庭うどん&素麺

引用: 楽天

お中元のまさに定番。素麺やうどんは好き嫌いも少なく、いくつあっても嬉しい食べ物。また、乾麺タイプなら消費期限もなくありがたいギフトです。こちらは日本三大うどんとしても有名な稲庭うどんと素麺のセット。伝統技術で生み出される珠玉ののど越しが自宅で味わえます。また最高級にこだわった比内地鶏のつゆも付いています。口コミでは、うどん好きのお父さんも大満足だったとあり、品質の良さが伺えます。食欲がなくなる時期でもさらっと食べられ、旦那さんの実家でも全員で楽しめるでしょう。お中元に迷っている人におすすめの食べ物ギフトです。

詳しくはこちら

揖保乃糸 そうめん

引用: 楽天

毎年夏になるとスーパーやデパート、CMなどでも見かけるそうめんブランド揖保乃糸。600年余りの歴史ある手延べそうめんです。播州の特産品でもあり、良質な水や小麦を使って職人が手延べという製法で自ら作り上げます。その味や触感はそうめんの最高峰。他のそうめんとはひと味違う風格を感じさせます。高級感ある桐箱入りなのでお中元などの贈答品にもおすすめです。また、そうめんの種類がいくつかあり、特級から家庭用の冷麦まであります。旦那さんの実家なら思い切って最高級の特級が良いかもしれません。毎年お中元シーズンに大人気の定番ギフトなので早めに予約や手に入れておくとより安心です。

詳しくはこちら

韓国冷麺10食セット

引用: 楽天

お中元で人気な麺類ですが、そうめんやうどんは別の人から貰うこともあるでしょう。そこで少し変わった麺類なら喜ばれるかもしれません。こちらの韓国冷麺は暑い時期にぴったりの食べ物。まさにお中元向きの食べ物ギフトです。焼肉屋さんでしか味わえなかった本格的な味わいが家庭で味わえると人気の冷麺。コシのあるしこしことした触感が強く、ピリ辛ですっきりとした濃縮スープが付いています。夏バテの際でもサラッと食べられ食欲をそそります。また、口コミでは、これぞ本格派の冷麺や、調理も簡単で美味しいとの声もあり、手軽さと美味しさの面からも好評。旦那さんの実家へのお中元にすれば喜ばれること間違いなしです。

詳しくはこちら

エビスビール  5種セット

引用: 楽天

お中元と言って忘れてはならないのがビール。旦那さんの実家の家族がもしお酒好きであれば間違いなく送りたいお中元です。夏の暑い時期に、キンキンに冷えたビールはお酒好きなら誰もがわかる至福の時間。何本あっても嬉しいギフトです。また、こちらのセットはエビスビールの珍しい5種セット。普通のビールよりも高級なものもあり自分ではあまり買わないだけに嬉しいさも倍増しそうです。エビスビールファンからも人気が高い黒ビールも入っています。もちろん、包装やのし紙も臨機応変に対応してくれるので旦那さんの実家に贈る際も安心です。

詳しくはこちら

丸大食品 煌彩ハムギフト

引用: 楽天

お中元の定番で日持ちする物を選びたいならハムの詰め合わせがおすすめ。真空パックのハムは約3ヶ月の消費期限があり、すぐには消費しなくてもいいので安心です。また、ハムは様々な料理に使えてあると重宝しますし、大人も子供も全員で楽しめる食べ物ギフトでしょう。煌彩のハム詰め合わせは、特級スモークハム、あぶり焼焼豚、黒胡椒ミートローフと3種類入っているのも魅力でこの量でも飽きずに食べられます。旦那さんの実家に始めてお中元を贈る人にもおすすめのギフトです。

詳しくはこちら

カクイチ横丁 堂本食品  佃煮の詰め合わせ

引用: 楽天

日持ちする定番の食べ物でお中元におすすめなのが佃煮。両親と共に祖父、祖母もいる旦那さんの実家には喜ばれそうです。こちらの佃煮の詰め合わせは、青のりわかめ入り、おかか生姜、しそ昆布、おむすび昆布、しそひじき、高菜風味の6種類の佃煮が少しずつ入っているのも嬉しくいろんな味が楽しめます。また、人数の少ない家族でも迷惑にならない量になっています。また、化粧箱や風呂敷きでの包みも綺麗で、のし紙の対応も臨機応変に行ってくれるので安心して贈れます。

詳しくはこちら

KIHACHI キハチ 焼き菓子セット

引用: 楽天

東京青山に本店を構える熊谷喜八シェフの人気レストランキハチ。料理はさることながら焼き菓子などのスイーツが人気です。そんな、キハチの焼き菓子の詰め合わせは、旦那さんの実家や親族に小さい子供がおおい場合にもおすすめ。マドレーヌやクッキーなど10種類のお菓子が入っており、そのバリエーションが魅力です。子供も大人も楽しめるバリエーションになっているので貰って嬉しいお中元ギフトと言えるでしょう。またおしゃれな包装やのしが見出しの内容について説明してください対応なのですぐにお中元として贈れるので旦那さんの実家に初めてお中元を贈る人にもおすすめです。

詳しくはこちら

旦那さんの実家へのお中元におすすめな食べ物ギフト【生もの編】

お中元は定番商品だけでは物足りないという人はバリエーションに富んだ生ものも良いかもしれません。お中元を贈る時期が夏ということもあり、特にフルーツなどの食べ物は人気が高く、暑い夏に冷やして食べたいものです。先方の受け取りが可能なことが確認できていればぜひ鮮度の良い食べ物をギフトにしてみましょう。ここからはおすすめのお中元ギフト(生もの編)を紹介します。

黒毛和牛A5等級霜降クラシタスライス

引用: 楽天

旦那さんの実家へのお中元で食べ物を贈りたい場合、毎年人気上位なのが「肉」。こちらは、A5ランクの黒毛和牛クラシタローススライスです。クラシタロースとは、牛の背中に近い部分で通常のロースよりも希少部位とされています。さらにA5ランクならではの質の良さと霜降り具合でスーパーやデパートではなかなか手に入らないお肉です。こちらは、そんなクラシタロースをスライスにしたもので、子供や高齢の人でも食べやすい贈り物として喜ばれています。すき焼きに、しゃぶしゃぶに家族でテーブルを囲んで楽しんでいただけます。冷凍での配送なので日持ちはしますが、受け取り日には注意が必要です。また、お中元用の包装もあるので注文の際には忘れずにのし紙をつけましょう。

詳しくはこちら

松阪牛 サーロインステーキ 200g×2

引用: 楽天

お肉が好きなご家族にはダイレクトに肉を感じられるステーキもおすすめです。こちらは三重県松坂市のブランド牛、松坂牛のステーキです。松坂牛の中でも特に基調のサーロインの部位をステーキ用にカットした物で、自慢のサシの入ったお肉は噛む力が要らないほどの柔らかさ。口に入れた瞬間溶け出す美味しさです。松坂牛の証でもある証明書入りで贅沢気分を存分に味わえるお中元ギフトです。また、のし紙の他、無料でメッセージカードを付けてくれるのも嬉しく、感謝の思いを伝えるのにぴったりのギフトです。

詳しくはこちら

松阪牛大とろフレーク

引用: 楽天

お中元で人気なお肉。中でも今年らしい話題の物を贈りたいならこちら。大とろフレークがおすすめです。高級焼肉店などでも話題になっている牛フレーク丼が自宅で再現できます。松坂牛をふんだんに使ったフレーク丼はとろける美味しさ。モンドセレクションで90点以上の点をつけ評価されたこちらの大とろフレークの味は折り紙つき。大とろフレーク丼以外にも、手巻き寿司やサラダ、お茶漬けなどでも美味しく頂けます。丼にして約5杯分なので大人数の家族なら2セット贈るのもよさそう。ユーモアとセンスのあるお中元です。

詳しくはこちら

北海道海鮮8点グルメセット 笑(えみ)

引用: amazon

お肉より海鮮が好きと言う家族におすすめなのがこちら。北海道の海の幸が存分に入ったグルメセットです。いくらやうなぎ、ほたて、ぼたんえびなど超豪華な食材が8点詰まってお値段もとても魅力的。名前の通り、まさに笑みがあふれるギフトです。旦那さんの実家でも家族でテーブルを囲んで食べられるのではないでしょうか。また、好みによって内容物の異なるセットもあるので旦那さんと相談して決めるのがよさそうです。誰でも簡単に美味しく食べられる説明書もついているので料理をあまりしない人でも安心して食べられます。のし紙や包装にも対応してくれるのも安心です。

詳しくはこちら

天然ふぐ刺し 2人前

引用: 楽天

贈る相手が旦那さんの実家が両親だけと言う人におすすめなのがこちらのふぐ刺し2人前。2人で食べるのにちょうどいい2人前のセットです。もちろん天然もののふぐ刺しなので美味しさは抜群。お店に行かなければ食べられないようなふぐ刺しが自宅で手軽に味わえるというだけあって嬉しいお中元になるでしょう。旦那さんの実家の家族が多い場合には複数個購入するのもおすすめ。個数に応じたサービスもあるそうです。

詳しくはこちら

 献上桃の郷 桑折町産 特秀品桃 1kg

引用: 楽天

夏の暑い時期に食べたくなるのが果肉たっぷりのフルーツ。夏が旬の桃はお中元には特に人気。季節感も感じられフルーツの中でも高級品でもあります。特にこちらの献上桃でもある桑折街の桃は糖度が高く、信頼と実績のある桃。糖度12度以上の物だけを厳選して箱詰めしてくれます。大人も子供も箱を開けた瞬間笑顔がこぼれる贈り物になるでしょう。また、贈る時期に合わせて食べごろの品種を選んでくれるのですべてお任せでも絶品桃が届きます。毎年大人気なので早めの予約購入がおすすめです。

詳しくはこちら

シャインマスカット  秀品 3~5房 約2kg

引用: 楽天

夏といえばシャインマスカットも人気。みずみずしい果肉に大人から子供まで好きな甘酸っぱい味わいです。こちらの秀品シャインマスカットは、宝石のような贈答品にふさわしい見た目で、味わいも最高級。また、種無しなのも嬉しく、皮ごと手間なく食べられます。奇跡の品種とも言われる最高級のシャインマスカットだけをバイヤーが選び約2Kg分お届けしてくれます。今までに食べたことの無い味わいに旦那さんの実家でも驚きのお中元になりそうです。

詳しくはこちら

特大宮崎完熟マンゴー

引用: 楽天

トロピカルな雰囲気を漂わせるマンゴーは暑い時期の贈り物にぴったり。宮崎県産のマンゴーは高値で取引される超高級品。こちらは中でも特大の物だけを厳選してお届けしてくれます。とろける桃のような味わいに夏らしいトロピカルな香りが鼻に抜けます。冷やしてそのままかぶりつくのも、凍らせてアイス感覚で食べるのもおすすめです。産地直送だからこその鮮度が口コミでも好評のギフトです。夏らしい季節感のあるお中元に旦那さんの実家でも盛り上がるでしょう。

詳しくはこちら

フロム蔵王 HybridスーパーマルチアイスBOX24

引用: 楽天

お中元の時期にまさに食べたくなるのがアイスです。受け取り可能であればアイスのお中元はいかがでしょうか。年々人気がアイスのお中元は話題性もあり、旦那さんの実家に贈るのにもおすすめ。こちらは蔵王の牧場で生産された新鮮な生乳をたっぷりと使ったアイスが24個も入ったマルチボックスです。バニラやイチゴ、チョコ、抹茶といった定番フレーバーで好き嫌いなく楽しんでいただけそうです。旦那さんの実家の人数が多い場合や小さな子供がいる場合のおすすめです。受け取りさえ問題がなければ日持ちもするのが嬉しいです。

詳しくはこちら

旦那さんの実家に送るお中元についてまとめ

いかがでしたか。今回は、旦那さんの実家にお中元を贈る際のマナーやおすすめのギフトを紹介しました。美味しそうなグルメやスイーツなどたくさんのお中元にぴったりな食べ物ギフトがありました。このお中元と言う習慣を通して旦那さんの実家とも末永く良好な関係で居たいものです。また、なかなか伝えられない感謝の思いを旦那さんの実家はもちろん、それ以外の人にもお中元と一緒に伝えてみてはいかがでしょうか。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

関連記事