ドラえもんの怖い都市伝説15選!本当の最終回を徹底調査!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ドラえもん怖い都市伝説!【のび太は植物人間?】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂1つ目は、物語の主要キャラクターののび太君にまつわる都市伝説をご紹介させて頂きます。

実はこちらの都市伝説は1986年ごろに流行していた都市伝説なのですが、のび太君は実は植物人間だったという物です。のび太はある日交通事故にあってしまい、植物状態になってしまったそうです。ドラえもんが登場するストーリーはのび太が見ていた夢なのだと都市伝説では言われていました。

しかし、あまりにもこちらの都市伝説がショックだった読者から、ドラえもんを連載している出版社の小学館に問い合わせが殺到し、作者本人が「ドラえもんはそのような突然で不幸な最終回にはしない。」と発言された為、こちらの都市伝説が事実になってしまう事はないでしょう。

では何故このような都市伝説が噂され始めたのかと言いますと、この都市伝説が流行した1986年の夏に作者本人が病気で入院していた為、噂され始めた都市伝説のようです。作者が入院したからと、のび太君が植物人間だという都市伝説が流行するのは少し疑問な点も残りますが、有名作品にはかなりの高確率で最終回で主人公の夢だったと明かされるという都市伝説や実は亡くなっていたという都市伝説が存在する為、ドラえもんも例外ではないのでしょう。

合わせて読みたい記事はこちら!

怖い都市伝説のあるアニメ20選!驚愕の裏設定を徹底調査!

クレヨンしんちゃんの都市伝説10選!怖い裏設定を徹底調査!

ドラえもん怖い都市伝説!【ドラえもんが止まる?】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂2つ目は、皆の人気者でのび太君をいつも助けてくれるドラえもんにまつわる都市伝説です。

その都市伝説の内容は、ある日突然ドラえもんが止まってしまうという物。ドラミちゃんに電池がきれてしまった為だと聞いたのび太君はドラえもんの電池を交換しようとするのですが、ドラえもんにはバックアップ機能が搭載されている耳がなくなってしまっている為電池を交換すると今までのび太君と一緒に過ごしてきた思い出が全て消えてリセットされてしまうと知り、悩んだそうです。

どうにか出来ないかと開発者を呼ぼうにも超重要機密事項の為、情報を開示してもらう事も出来ず、ドラミちゃんはタイムパトロールに阻まれてしまい、ドラえもんがどうにもならない状況に追い込まれてしまったのだと都市伝説では噂されています。

ドラえもんに動いて欲しいけれど、一緒にいた記憶を無くして欲しくないのび太君は押し入れにドラえもんを隠し、いつか自分がドラえもんを動かせるようにと猛勉強を始めたそうです。何年も何年も勉強し続け、ロボット工学の第一人者となったのび太君はついにドラえもんに新しい耳を付け、電池を交換したのだと都市伝説では話され続けています。

そしてこちらの都市伝説ではドラえもんは無事に目を覚まし、「のび太くん、宿題は終わったのかい?」と問いかけたと言われています。

こちらの都市伝説が噂され始めた理由は分かりませんが、事実ならばとても感動的なドラえもんの最終回でしょう。

ドラえもん怖い都市伝説!【幻の回が存在する?】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂3つ目は、ドラえもんには幻の「タレント」という回があったという都市伝説です。その都市伝説になっている幻の回は1984年7月に放送されたのですが、ストーリーの内容はのび太君が地下にある世界の商店街に行ってみたい。とドラえもんにお願いをして、ドラえもんの秘密度具で二人は地下へ行き赤い帽子をかぶった女の子と出会うそうです。

しかし赤い帽子の女の子はドラえもんとのび太君に赤い封筒とえんぴつ、そしてインクを渡してくると何処かへ行ってしまうのです。あわててドラえもんとのび太君は追いかけますが赤い帽子の女の子を見失ってしまい、探していると警官の様な恰好をした男にあっちだと道を案内されるのだとか。ドラえもんとのび太君は案内された通りに路地を進んでいくのですがたどり着いた先には女の子はおらず、木琴が並んでいて、さらにその奥には大きな地球儀が現われるそうです。

そしてその地球儀がぱかっと割れて、中から赤黒い血液の様な液体が流れた所で終わったのだと都市伝説では言われています。なんとも不思議で怖いストーリーで本当に放送されていたの?と思われる方も多いかと思われますが、当時この放送を観たという方は多く、ただの都市伝説ではない様です。にも拘わらず、記録にはタレントが放送されたとは残されいないのです。

しかもこの都市伝説になっているタレントの回で登場するドラえもんの顔に違和感を覚えた方も多いようで、とにかく謎が多くなんだか怖い都市伝説です。

ドラえもん怖い都市伝説!【封印された秘密道具】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂4つ目は、ドラえもんの秘密道具にまつわる都市伝説です。数多くある便利で夢のあるドラえもんの秘密道具ですが、都市伝説ではいくつか封印されてしまった秘密道具が存在していると言われています。

有名な例を挙げると、バラバラスイッチという秘密道具があります。名前だけでも恐ろしい秘密道具なのですが、実はこの道具は人間をバラバラにしてしまう物だと都市伝説では噂されています。しかし、子供むけアニメのドラえもんには刺激が強すぎると世に出る事はなかったそうです。

かわりにアニメに登場した秘密道具があり、人間切断機と分解ドライバーだと言われています。人間切断機はバラバラスイッチ以上に怖い名前な気がしますが・・・。実際に人間切断機の効果は人間を上下に切断してしまう道具なので怖い秘密道具である事にかわりなさそうです。また、もう1つ都市伝説に登場する分解ドライバーという秘密道具は触った物を全て分解してしまう道具なので、人間ですらバラバラに分解されてしまうのです。

確かにとても怖い秘密道具で、ショックをうけるお子様も多そうな為、こちらの秘密道具達が封印されたという都市伝説は信憑性が高そうです。

和やかで楽しいイメージのドラえもんにも意外と怖い都市伝説が隠されているのかもしれません。

ドラえもん怖い都市伝説!【もう一人ののび太は?】

 

この投稿をInstagramで見る

 

あ、あごが、、、😆 ・ #ドラえもん #のび太 #恐竜ハンター

hikadoraさん(@hikadora_)がシェアした投稿 –

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂5つ目は、のび太君が家出をして無人島に行ったエピソードにまつわる都市伝説です。実はのび太君がお母さんに叱られて無人島に家でする回では、ドラえもんが気絶しているうちにポケットから秘密道具をいくつか持ち出してタケコプターで一人で無人島へいくのですが、のび太君が無人島に付いたところで家に帰るには必要なタケコプターが飛んでいってしまうのです。

家に帰る事が出来なくなってしまったのび太君は、そのうちドラえもんが助けてくれるだろうと持ってきた秘密道具を使いながらなんとか生き延びます。そうしてドラえもんをまっているうちに10年が経過してもドラえもんは迎えに来ません。しかしそんなある日、持ってきたものの役に立ちそうにないからと使っていなかった秘密道具をいじっていると突然ドラえもんが目の前に現れるのです。

役に立たないと思っていた秘密道具はSOS発信機という助けを求められる秘密道具だったのです。無事のび太はタイムマシンを使ってドラえもんと元の時代と家に帰る事が出来たのですが、色々と怖い問題が隠されている事にお気づきでしょうか?

タイムマシーンで10年前の世界にのび太君が戻ったという事は、元の世界にはのび太君が二人存在している事になるのです。その為、都市伝説ではもう一人ののび太君は忘れ去られ、永遠に一人で無人島で生きていると言われています。

一見気づきにくく、ハッピーエンドでおわっているエピソードに見えますが、よくよく考えると怖い、ゾッとする都市伝説です。

ドラえもん怖い都市伝説!【行かなきゃ】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂6つ目は、突然テレビで放送されたと都市伝説では言われている、行かなきゃというドラえもんの映像にまつわる噂です。

その都市伝説となっている回は、ひたすらのび太君が無言で歩いている後ろ姿が10分間もうつされて、最後にのび太が振り返り行かなきゃ。とセリフを言うのだと都市伝説では言われています。たったそれだけの映像が10分も放送されるのは異例な事で、この都市伝説はデマなのではとも言われているのですが、実際に見たという方も多く存在している為実際の真相は分かっておりません。

ただ、本当にそんなドラえもんの映像が流れていたとするならば、原作者の藤子Fさんが亡くなった事が大きく関係しているのではないかと都市伝説では噂されています。その理由はこの幻の映像が放送されたと言われている日が、藤子Fさんが亡くなった日だったからです。

そしてなんと都市伝説では、行かなきゃののび太君のセリフは藤子Fさんの声だったのだとも言われています。しかもテレビで藤子Fさんがお亡くなりになられたとニュースが流れたのはその翌日の為、一般の人は誰も知らない状況でした。とにかく謎の多いこちらの都市伝説で、公式からの説明もありませんが藤子Fさんへの追悼の意が込められて放送されたのかもしれません。

ドラえもん怖い都市伝説!【無の空間】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂7つ目は、ドラえもんとのび太君が無の空間に取り残されてしまっているという怖い都市伝説をご紹介させて頂きます。

その都市伝説は、ある日のび太君が夜中にトイレに行こうとした事からはじまります。夜中にトイレに向かう為にのび太君が廊下を歩いていると突然電話の音が鳴り響きます。夜中にというだけでも怖いのに、その電話は「二日後・・・使うな!」という言葉だけが聞こえて切れてしまいます。

とても不気味で意味深な電話に怖くなったのび太君は布団にもぐりこんで眠るのですが、問題は二日後に起きたのです。のび太君が電話の事をわすれどこでもドアを使って出かけようとすると、どこでもドアが故障していて無の空間に入ってしまいます。その事に気が付いたドラえもんはすぐにのび太君を助ける為にどこでもドアの中に入るのですが、ドラえもんまで無の空間に閉じ込められてしまったのだと都市伝説では言われています。

無の空間に閉じ込められてしまったドラえもんは、のび太君がどこでもドアを使う未来を防ごうとタイム電話で「二日後、どこでもドアを使うな!」とのび太に伝えるのですがうまくのび太君に伝わらなかった為、ドラえもんものび太君も無の空間にとりのこされたままだとか。

こちらの都市伝説が事実だとすると、便利などこでもドアは実はかなり怖い秘密道具なのではないでしょうか。

ドラえもん怖い都市伝説!【栗まんじゅう問題】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂8つ目は、ちょっと有名である意味怖いドラえもんの都市伝説の一つである栗まんじゅう問題についてご紹介させて頂きます。

ことの発端は、のび太の「どうして栗まんじゅうは食べたらなくなるんだ!」という一見何を言っているんだ、というようなセリフから始まるのですが、優しいドラえもんはバイバインという栗まんじゅうを増やす事の出来る秘密道具をのび太にかしてあげちゃいます。

しかし、のび太君はまたやらかしてしまい、栗まんじゅうをどうしようもない程の量に増やしてしまうのです。バイバインを使った栗まんじゅうは5分で2倍に増え、永遠に増え続けてしまいこのままでは地球が栗まんじゅうで沈んでしまう為、ドラえもんが小型ロケットで宇宙へ栗まんじゅうを飛ばし解決した様に思えるのですが、宇宙でも栗まんじゅうは増え続けている為、都市伝説では今頃宇宙は栗まんじゅうで埋め尽くされているのではないかと噂されています。

また、栗まんじゅうがブラックホール化しているのではという都市伝説や、ロケットで飛ばす事によって時間の経過が0になり栗まんじゅうは増え続けていないという都市伝説も存在しています。

どちらにせよ、栗まんじゅうを収集が付かない程増やしてしまうバイバインという秘密道具はある意味で怖い道具だと言えるでしょう。しかし、のび太君が調子に乗って間違った使い方をしない限りは便利で夢の様な秘密道具なのでしょう。

ドラえもん怖い都市伝説!【どくさいスイッチ】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂9つ目は、ドラえもんの秘密道具の中でもかなり怖い秘密道具だと都市伝説で噂されているどくさいスイッチという秘密道具にまつわる都市伝説をご紹介させて頂きます。

こちらの都市伝説も、のび太君の「ジャイアンさえいなかったらこんな目に・・・。どっかへひっこしていかないかなあ。」という発言から始まります。ドラえもんはのび太君の願いを叶えてあげる、とどくさいスイッチという消えてほしい人の名前を言いながら押すとその人の存在自体が消えてしまうという怖い秘密道具をのび太君に貸すのです。

どくさいスイッチを手に入れたのび太君は自分に都合が悪い人や、気に入らない人を次々とけしていきます。そしてついにのび太君は「だれもかれも消えちまえ。」と言いながらスイッチをおしてしまいます。

そして世界にはのび太君以外だれもいなくなってしまい、一人ボッチになったのび太君は反省します。結果的に皆は戻ってくるのですが、都市伝説では実はそのまま皆は消えたまま、のび太君は一生一人で生きる事になったと言われています。

こちらの都市伝説が事実かどうかは分かりませんが、どくさいスイッチという秘密道具はかなり怖い道具だという事は間違いないでしょう。

ドラえもん怖い都市伝説!【行かなきゃ。には続きがある?

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂10個目は、先程ご紹介させて頂いた行かなきゃ。という映像にまつわる都市伝説には続きがあるというという都市伝説をご紹介させて頂きます。

それは行かなきゃ。の映像が放送された数日後、深夜にまた突如ドラえもんの映像が放送されたのだと都市伝説では言われています。音すら存在しておらず、無音のまま流れる映像には、ドラえもんのスモールライトとみられる秘密道具を使ってジャイアンに立ち向かっているのび太君が、直前にその道具を地面へ捨て、嬉しそうなジャイアンとのび太君はしっかりと握手していたと都市伝説では噂されています。そしてその様子を見ていたドラえもんは嬉しそうに涙を流していたとも言われています。

そして行かなきゃ。の映像と同じように振り返ったのび太君は「子供には夢を、大人には希望を与えてきた。もう私が活躍する事はないが、これからも時々でいいからおもいだしてくれ。もう私がいるべき世界へ行かなければならない。また会える日を楽しみにしているよ。」と語りかけたのだという都市伝説が存在しています。

どのような意図で放送されたのかは明かされていませんが、ドラえもんを通して大切なメッセージを伝えてくれたのでしょう。

ドラえもん怖い都市伝説!【公式の最終回①】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回に噂11個目は、公式でえがかれた一つ目のドラえもんの最終回をご紹介させていただきます。なぜ一つ目なのかといいますと、ドラえもんは複数の雑誌で連載されていた為、初めはそれぞれに最終回を描かれていた様なのですが、途中からは最終回が描かれる事はなくなりました。なので現在公式が最終回だと公表しているストーリーが三つ存在するのです。

まずはじめにご紹介させて頂く最終回は、1971年の「小学四年生」に掲載されたドラえもんが未来へ帰っていくと最終回です。物語はのび太君の部屋の壁を見知らぬ大勢の人々が通りぬけていく奇妙な現象からスタートしました。不思議に思ったのび太君は翌朝、未来から帰ってきたドラえもんに奇妙な出来事があったと相談するのですが、どうやらドラえもんの様子がおかしく、元気がない事に気が付きます。

そんな時にのび太君のお母さんやお父さんがやってきて部屋の物がなくなっている事や、身に覚えのない落書きがされている事をドラえもんに相談します。そしてその話をきいたドラえもんは「とうとう、このへんにもあらわれたか。」とつぶやくのです。その後もなんだか元気がなく落ち込んでいる様子のドラえもんをのび太君が気にかけていると、また再び見知らぬ人々が家に入ってきて好き放題していきます。

のび太君達家族が困惑していると、家に入ってきた集団は未来からの旅行者だという事が分かります。住民に気付かれない様に旅行をするのがルールだ、とドラえもんは怒るのですが聞く耳を持たず、最終的に時間旅行が禁止される法律ができるのです。

無事に家に未来からの旅行者が現われる事はなくなったのですが、時間旅行規制法ができてしまった為、ドラえもんも未来の世界に帰らなければならなくなってしまったのです。のび太君とドラえもんは二人で涙しながら別れを惜しみ、ドラえもんは未来へ帰って行き、のび太君の机の引き出しは、ただの引き出しに戻ってしまいました。しかし、いつまでたってものび太君は机の引き出しをみてはドラえもんを思い出す。という物語が一つ目の最終回になります。

現在も問題視されている旅行客のモラル等、社会的な問題も取り入れられた、なんだか切ないドラえもんの最終回です。第三者の影響でのび太君とドラえもんが離れる事になってしまうのはとても衝撃的で、悲しくもある最終回なのですが、どこかリアリティのある話ではないでしょうか。

ドラえもん怖い都市伝説!【公式の最終回②】

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ドラえもん #名言 #のび太 #自己肯定感 #ポジティブ思考

千葉さん(@aaa_next_stage)がシェアした投稿 –

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂12個目は、公式が公表している二つ目の最終回についてご紹介させて頂きます。二つ目の最終回は1972年の「小学四年生」に掲載されたドラえもんがいなくなっちゃう!?という物語です。

一つ目の最終回は未来から来たモラルのない旅行客のせいで離ればなれになってしまったドラえもんとのび太君ですが、こちらの最終回では、ドラえもん自らのび太君の為を思って未来へ帰る事を決断します。

きっかけは、友達とサイクリングをする約束をしたのび太が、自分の力で自転車にのる練習をせず、ドラえもんの秘密道具でどうにかしてもらおうと甘えた事です。いつまでたってもドラえもんに甘えてばかりで自分で努力する事をえらばないのび太君に、ドラえもんはめずらしく怒りのび太君をつきはなします。

ドラえもんは自分に頼ってばかりののび太君は、このままだと成長しないのではないかと心配し、セワシくんに相談した所、故障したと嘘をつき未来へ帰る事に決めるのです。そのことをドラえもんがのび太君に打ち明けると、のび太君は嘘だと疑うことなく、ドラえもんの為に我慢するねと伝えます。そんなのび太君の言葉に感激したドラえもんは未来へ帰る本当に理由をのび太君に伝えるのですが、のび太君は頑張るから、とドラえもんを未来へおくりだしたのです。

そしてドラえもんが未来へ帰ったあと、一人で自転車の練習を必死に頑張るのび太君をドラえもんは未来から見守っていた。という物語が公式の二つ目の最終回です。

現在放送されているドラえもんでものび太君のドラえもんへの甘えはみて取れますが、のび太君はいざとなった時には一人で頑張る強さももっているのでしょう。ドラえもんの最終回の物語は、公式で公表されている物や都市伝説の様な物を合わせると数多く存在していますが、一番感動てきでしっくりくると人気があるのがこちらの最終回の物語だと言われています。

ドラえもん怖い都市伝説!【公式の最終回③】

 

この投稿をInstagramで見る

 

野比のび太 #野比のび太 #のび太 #ドラえもん

MINAKICHI PROJECT GROUPさん(@minakichiproject)がシェアした投稿 –

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂13個目は、公式が公表している三つ目の最終回についてご紹介させて頂きます。

三つ目の最終回は、一番有名なエピソードで、1974年の「小学三年生」に掲載されたドラえもんの最終回です。他の二つの最終回では、のび太君はドラえもんが未来へ帰っていくのをわりとあっさり受け入れるのに対し、三つ目の最終回ではのび太君は泣いてわめき、ドラえもんが未来へ帰る事を反対します。

しかし、のび太君はお母さんにもお父さんにも「どらちゃんにも事情があるのだから」となだめられ、ついにドラえもんと過ごす最後の夜がやってきます。最後だからとドラえもんとのび太君は一緒の布団へはいりますが、眠る事の出来ないのび太君はふと外へ出かけ、そこでたまたま寝ぼけてあるいていたジャイアンと喧嘩をするのです。

いつもと同じ様にジャイアンにぼこぼこにされるのび太君ですが、何度倒れても「ドラえもんが安心してかえれないんだ!」と泣きながらジャイアンに挑み続けます。そして最終的にジャイアンは負けを認め、のび太君が初めて自分の力でジャイアンに勝利をした時にのび太君がいない事に気が付いたドラえもんが迎えにきて泣きながら一緒にかえったのです。

「見ただろドラえもん、かったんだよ、ぼくひとりで。もう安心して帰れるだろ、ドラえもん。」とのび太君が涙を流しながらドラえもんに伝え、のび太君は眠りにつきます。そして朝目が覚めるともうドラえもんの姿はなかった。という物語が公式が公表している三つ目の最終回です。

ドラえもん怖い都市伝説!【どこでもドアは恐ろしい道具?】

 

この投稿をInstagramで見る

 

#テレ朝夏祭り #どこでもドア

Shinobuさん(@shinobu_hoshi)がシェアした投稿 –

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂14個目は、ドラえもんといったら!という程欠かせない秘密道具のどこでもドアにまつわる怖い都市伝説をご紹介させて頂きます。

行きたい場所へドアを通り抜けるだけでたどり着く事のできるどこでもドアはまさに夢の様な秘密道具で、一度は欲しいと思ったことのある方も多いのではないでしょうか。しかし、そんなどこでもドアには恐ろしい都市伝説が噂されています。

その都市伝説の内容とは、どこでもドアは実際に移動しているのではなく、どこでもドアが自分の情報を記録し、ドアの先にまったく同じ情報で移動したかの様にコピーを作り出しているのだという都市伝説です。一見特に怖い事もなく、ハイテクなんだなという印象を抱くかたも多いでしょうが、コピーという事は本当の自分ではないという事です。

人工的にどこでもドアに作り上げられたコピーが本物として存在してしまうのですが、その場合は本物のキャラクターはどこへ行ってしまったのでしょうか。その答えはなんと、ドアの手前で焼かれて死んでしまうのだと都市伝説では言われています。

本当かデマなのかは分かりませんが、もしこちらの都市伝説が事実なら、何度も何度もどこでもドアを使用しているドラえもんやのび太君はもちろん、しずかちゃんやスネ夫、ジャイアンまで今存在しているのはどこでもドアが作りだした偽物だという事になってしまいます。

どこでもドアには、故障した際に無の空間に閉じ込められたという怖い都市伝説も存在しており、とても便利な分恐ろしい秘密道具になっている様です。どこでもドアに限らず、あれだけの便利な機能がなんのリスクも無い方がおかしいのかもしれません。

ドラえもん怖い都市伝説!【ドラえもんの足が伸びる?】

ドラえもんの怖い都市伝説や最終回の噂15個目は、何かと不思議の多い、未来からきた猫型ロボットドラえもんの体系にまつわる都市伝説をご紹介させて頂きます。

ドラえもんの体にまつわる都市伝説はいくつか噂されていますが、中でも何故ドラえもんは正座で座れるのかを疑問におもっている方は多いでしょう。実際にドラえもんが立っている時の姿をみるととても足が短く、脚を折りたたんで座る正座が出来る事とは思えません。ドラえもんの体系に関するデータも公開されているのですが、身長が129.3㎝なのに対して足の長さは129.3mmしか無い為普通ならまず正座は出来ないでしょう。

しかし作中ではたびたびドラえもんが正座をしているシーンが見られる為、実はドラえもんの足は自由に伸びるのだという都市伝説が噂されているのです。そしてなんとドラえもんの腕も伸びるのだと都市伝説では言われています。

ドラえもんはロボットなので手足が伸びたとしてもおかしくはないですし、漫画の中で実際に腕がのびているシーンも登場する為、こちらの都市伝説は事実だといえそうです。

なんとも不思議なつくりのドラえもんの体ですが、あの足の短さもドラえもんが可愛らしくて皆に愛されているポイントの為、ドラえもん本人は短い脚がコンプレックスで足が長くなりたいと発言していたこともありますが、是非ドラえもんには足が短いままでいてもらいたい物です。

また、ドラえもんにはとても有名都市伝説なのですが、宙に浮いているなんて都市伝説も存在しています。どういった仕組みなのかは謎に包まれていますが、ドラえもんのアニメがスタートした当初、外を歩いた足で家の中に上がるのは教育上良くない。とPTAから苦情が入った為、後付された設定だと都市伝説では言われています。

他にもドラえもんの中身はおんぼろのおもちゃで出来ているという都市伝説がある等、まだまだ不思議の多いドラえもんです。

ドラえもんには怖い都市伝説が多かった!

引用: amazon

ドラえもんには本当に沢山の都市伝説が存在しており、中には怖い都市伝説や感動的な都市伝説も数多く噂されています。あくまでも都市伝説なので、なかには事実ではない事も混ざっているのかもしれませんが、これだけ色々な都市伝説が飛び交っているのは、それだけドラえもんが長年多くの人々から愛され、注目されている人気の作品だからなのでしょう。

今回ご紹介させて頂いたドラえもんの都市伝説以外にもまだまだ細かい都市伝説は噂されていますので、気になった方は是非調べてみてはいかがでしょうか?

たかが都市伝説、されど都市伝説。世の中で噂されているドラえもんの都市伝説をしった上でドラえもんのアニメや漫画を見ると、いつもとは違った視点で楽しむ事ができ、何か新しい発見があるかもしれません!

最後になりますが、今回の記事がドラえもんを愛する皆様に少しでも楽しんで頂けたら幸いです。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

関連記事