小樽の人気お土産30選!美味い海鮮やお菓子を紹介!【2019】

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

北海道の他の観光地のお土産について知りたい方はこちら!

函館で人気絶頂のお土産20選!海鮮や珍味がおすすめ?【2019】

旭川で買いたい人気のお土産20選!お菓子やラーメンがおすすめ!【2019】

ノスタルジックな魅力あふれる小樽

歴史的建造物が立ち並び情緒漂う街並みが人気の小樽。札幌から電車で約30分とアクセス抜群で、北海道を代表する人気の観光スポットです。

小樽は明治から大正期には近代化によって大いに繁栄し、海と港を中心に「北の商都」として栄えました。その頃に作られた近代的な建物や倉庫・運河が今もなおそのままの姿で残っているため、街全体がノスタルジックな魅力に包まれております。そのなかには、人気の北海道銘菓として名高いお菓子店やお土産店・小樽グルメで人気の海鮮やお菓子・スイーツが食べられるお店などが数多くあり、毎年たくさんの人が訪れます。

夜の小樽も魅力的

函館・札幌と並んで「北海道三大夜景」のひとつに数えられる小樽の夜景も観光客やカップルに人気があり、まるで宝石のように散りばめられたような美しさがロマンチックなひと時を過ごさせてくれます。「天狗山」から見下ろす小樽市街の夜景はまさに絶景!

昼と夜では全く別な楽しみ方が出来るのも小樽の魅力のひとつです。小樽のランドマークと呼ばれ、夜のライトアップが一際美しい「小樽運河」や「毛無山」の夜景は、嘘か本当か、頭髪が気になる方には縁起がよい場所だとも言われています。

ぜひ訪れて欲しい小樽の有名な人気観光スポット

小樽の歴史的な建造物や素敵な夜景を眺めたり、ガラスやオルゴールなどの特産品、海鮮やスイーツなどの小樽グルメと魅力たっぷりの小樽ですが、今回小樽で人気のお土産をご紹介するにあたりお土産に迷ったらとりあえずここで探せば間違いない!という、お土産購入におすすめの人気スポットを先にご紹介しておきます!

①「小樽運河」

小樽の街のシンボルと言えるのが「小樽運河」。海と港を中心に栄えた小樽で港からの積荷を倉庫まで運ぶのに使われたのが、この「小樽運河」でした。今でも石造りの倉庫が数多く立ち並び、夜には散策路に並ぶガス灯に明かりが灯ります。ライトアップされた倉庫群の姿が運河の水に映り込む光景は、言葉にならないほどの美しさです。

運河沿いにはレンガ倉庫が建ち並び、テレビのロケ地としてもよく使われています。レンガ倉庫群は今でも当時の姿のまま、観光案内所やお土産ショップ・お菓子店やレストランなど数多く再利用されており、おすすめのお土産探しスポットです。また「小樽運河ターミナル」は商業施設と小樽散策バス乗り場の複合施設になっており、「洋菓子・喫茶あまとう」「ぱんじゅう桑田屋」など人気の名物お菓子店が揃っております。バスを利用し待ち時間等に小樽ならではのお土産も探せて嬉しい限りです。

②「堺町通り」

小樽で一番賑わっているのが、レトロな街並みの「堺町通り (さかいまちどおり)」。「小樽運河」と並ぶ小樽の有名な人気観光スポットで、古い商店を再利用したお店がいくつも並んでいます。小樽グルメで人気の海鮮やお菓子・スイーツから、ガラスや革製品などの工芸品店・人気のお菓子店やお土産店など、観光のショッピングやお土産探しにおすすめです。サンウロコ鱗商会では、海鮮のお土産購入のほか、店先に並ぶ新鮮な魚介類をその場で網焼きにして食べることができ、北海道ならではの海鮮の食べ歩きも楽しめます。

また、「堺町通り」の端にある「メルヘン交差点」(正式には堺町交差点)も有名な人気観光地として知られていて、交差点前の広場には連日お土産探しの観光客で賑わっています。世界最大級の万華鏡ギャラリーで有名なスーベニールオタルカンや小樽オルゴール堂・北海道を代表する洋菓子店ルタオ本店など小樽観光から小樽のお土産探しまでとてもおすすめです。

それでは小樽の人気のお土産30選をご紹介していきます!

小樽の人気お土産30選【海鮮系】

まずは海鮮系のお土産から。小樽限定のお土産や送ったら喜ばれるお土産まで紹介します!

1:南保留太郎商店「甘えびの燻製」

「南保留太郎商店」は、小樽の隣町・余市にある燻製の専門店です。その中でも1番の人気商品が「甘えびの燻製」。獲れたての新鮮な甘エビを丸ごと燻製にすることで旨味をギュッと閉じ込めた逸品です。噛めば噛むほど甘えびの独特な甘みと香ばしさが感じられ、お酒のおつまみにもおやつにも大人気のお土産です。

こちらのお店では、主に北海道の人気の海鮮を1週間から3週間かけて、じっくり燻しており、海鮮本来の味を堪能できます。また、添加物も入っておらず、栄養たっぷりなのも特徴です。

なお、「甘えびの燻製」4月~11月まで楽しめる期間限定商品になりますのでご注意ください!他にもホタテの燻製や鮭冬葉の燻製などの種類が多数ありますので、ここでしか味わえない北海道産海鮮の燻製をぜひ素敵なお土産としてチェックしてみてください!

2:八丸堀内水産「飯寿し」

グルメな小樽の方もうならせる「丸八堀内水産」の「飯寿し」。「飯寿し(いずし)」とは、にしんやさんま・ハタハタや鮭などの新鮮な魚を米麹・野菜ともに樽に漬け込み、乳酸発酵させた伝統食で冬の保存食として代々受け継がれたきた北海道の郷土料理です。

その中でもお土産で人気の「丸八堀内水産」の「飯寿し」は、代々受け継がれてきた伝統製法で防腐剤・着色料を一切使用せず作り上げらた逸品で奥深い味わいが楽しめます。ぜひ小樽の海鮮のお土産にいかがでしょか。

3:滝波商店「いくらの醤油漬」

JR小樽駅から徒歩2分のところにある小樽三角市場、新鮮な海産物を取り扱うお店の一つが「滝波商店」です。質の良い海鮮を多種多様に取り扱っており海鮮のお土産探しには最適な場所です。その中でも人気の「いくらの醤油漬」は、ここの自慢の一品です。新鮮な鮭の卵を取り出し、秘伝の醤油タレで一粒一粒丹念に仕上げております。透明感のある美しい見た目とプチプチとした食感・まろやかな味でトロっとした旨味が楽しめます。

北海道といえば海鮮ですが、ここ小樽には質の良い海鮮を取り扱う市場がいくつかありますので、美味しい海鮮のお店や海鮮のお土産探しに興味がある方はぜひチェックしてみてください!

4:兼正阿部製麺「小樽あんかけ焼そば」

小樽のご当地グルメで人気の「小樽あんかけ焼そば」。「小樽あんかけ焼そば」は小樽のソウルフードで有名で、北海道の上質な海鮮を使って絶妙な味に仕上がっております。今ではいろいろなお店が独自のアレンジを加えており、多彩なバリエーションが楽しめます。

「兼正阿部製麺」の「小樽あんかけ焼そば」は、「第9回B-1グランプリ」で、初登場ながら9位にランクインした時の味を再現したもので、職人達の熱意が結集した絶品ソースとコシのある細麺がセットになっています。海鮮のお土産を購入しお好みの海鮮を加えてご自宅でも本場小樽の「小樽あんかけ焼そば」をお楽しみください。また海鮮のお土産とセットで渡すのも喜ばれるお土産としておすすめです!

5:大八栗原蒲鉾店「復古版角焼」

「大八栗原蒲鉾店」は、大正3年に小樽で創業し、伝統製法で蒲鉾作りを続けている老舗です。その中でも人気のお土産が「復古版角焼」。「復古版角焼」の特徴は、一般的な蒲鉾の原料である「スケトウダラ」ではなく、宗八カレイを使用した角焼です。高価で希少な宗八カレイは、弾力がある噛みごたえと独特な旨味が特徴です。

アミノ酸系の調味料は使わず、かまぼこ用の高級塩と砂糖・二年熟成の高級味醂吟醸酒粕を使い、とてもデリケートな味付けにこだわっています。第1回小樽水産加工グランプリでは第1位の金賞。全国蒲鉾品評会では、水産庁長官賞や農林水産大臣賞など数々の賞に選ばれるくらい人気の逸品なのでお土産に渡しても喜ばれるはずです。海鮮のお土産をお探しの方にはぜひおすすめです!

6:かま栄「パンロール」

「かま栄」は、明治38年に小樽で創業した老舗蒲鉾店です。そこの人気商品が「パンロール」。小樽のソウルフードで人気の「パンロール」とは、魚のすり身を極薄のパンで包み、油であげ揚げたおやつ感覚の蒲鉾。サクサクのパンの中に、ふんわりとした食感のすり身が入っていて絶品です。

地元でも長年人気を保ち続けてきたスナックのようなお菓子なので、海鮮が苦手な方でも美味しくいただけます。また、お酒のおつまみにも最適です。

お土産にしても喜ばれるのですが、鮮度を保つため通販等はしておらず、店頭販売のみの限定品なので、お店の近くにお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてください!

7:かま栄「カニ甲ら」

小樽にあるかまぼこのお店「かま栄」で人気の「カニ甲ら」。インパクトがある「カニ甲ら」はその名の通りカニの甲羅の中にズワイガニのすり身を詰め、カニ肉をぎっしり上に乗せた贅沢なかまぼこです。

見た目もとてもインパクトがあり、カニ好きにはたまらない一品です。贅沢にカニを使ったかまぼこは味も食感もばっちりで最高級のかまぼこをお土産にもらったら喜ばれること間違いありません。贅沢な海鮮のお土産をお探しの方はぜひチェックしてみてください!

8:カネダ海洋食品「かにおこわ」

小樽のおこわ屋さん「カネダ海洋食品」の看板商品「かにおこわ」。ズワイガニの甲羅の中におこわを詰め、蒸したカニの身もタップリ乗せた贅沢な一品で小樽のお土産でも人気があります。

小樽港で水揚げされた新鮮なズワイガニを使用し、おこわは北海道産のもち米「白鳥米」をうるち米と独自にブレンドし、せいろでじっくり蒸し上げています。せいろで蒸したおこわはやはり美味しく、そこにたっぷりのカニが加わることにより更に格別な味わいを楽しめます。

かにおこわ」は、小樽市が選んだ小樽ブランド商品にも認定されているお墨付きで、小樽のお土産に喜ばれるおススメの商品です。人気の海鮮のお土産をお探しの方はぜひチェックしてみてください!

9:小樽入久三浦水産「にしん小樽漬け」

引用: 楽天

「小樽入久三浦水産」は、かつてにしん漁で栄えた小樽で明治43年創業の水産加工会社です。いくらやたらこなど魚卵製品を中心に松前漬けなどの数多くの海鮮商品を製造・販売しています。その中でもお土産として人気があり、おすすめなのは「にしん小樽漬け」。

にしん小樽漬け」は、小樽産の生ニシンに数の子・昆布などを入れ、醤油ベースで仕上げた逸品です。アクセントのゆず胡椒を入れて、素材の味を引き立てた一押しの商品です。ごはんのお共やお酒のおつまみにも最適ですので、海鮮のお土産にぜひいかがでしょうか。いろいろな海鮮の商品がありますので、きっと気にいる海鮮のお土産も見つかるはずです!

10:いか太郎本舗「いか太郎」

小樽の堺町通り商店街にある黄色い看板が目印の「いか太郎本舗」。甘いお菓子が苦手という方におすすめなお土産が「いか太郎」です。北海道産の新鮮な真イカを特製のタレにつけて生干し、鉄板で焼いた珍味です。肉厚があるのですが、手で裂けるくらいふんわりと柔らかく、噛めば噛むほどイカのうまみを味わうことができます。

ピリッと辛い一味唐辛子味やわさび味も人気で、店頭での試食もできますので、ぜひお店に訪れてた際は味見をしてみて下さい。手ごろな海鮮おつまみをお探しの方はぜひお土産にいかがでしょうか。

11:利尻屋みのや「湯どうふ昆布」

引用: amazon

「利尻屋みのや」北海道でも珍しい昆布専門店です。人気のお土産「湯どうふ昆布」はダシをとった後もそのまま美味しく食べられるのが特徴です。短時間で煮えてとてもやわらかな肉厚なので、アツアツを湯豆腐と一緒に食べたり、お味噌汁に入れて食べたりとまた別の海鮮料理として味わえます。

多彩な昆布商品も数多く揃っていますので、海鮮のお土産や小樽ならではのお土産をお探しの方はぜひ立ち寄ってみてください!

12:利尻屋みのや「アラジンの秘密」

引用: 楽天

こちらも昆布専門店の「利尻屋みのや」よりご紹介です。こちらの商品は「アラジンの秘密」というインパクトのあるユニークなネーミングで注目を集めているお土産です。

その中身の気になる正体は、実はがごめ昆布入りの魔法の粉でした。海藻の栄養がたっぷり含まれていて、味噌汁などに入れて簡単に取ることができるのでまさに魔法の粉。「アラジンの秘密」は賞味期限も製造日から1年と長いので少し変わった海鮮のお土産としていかがでしょうか。

 

小樽の人気お土産30選【お菓子系】

次はお菓子のお土産です。こちらも小樽限定のお土産や喜ばれるお土産が数多くあります!

13:小樽新倉屋「花園だんご」

「小樽新倉屋」は創業から120年を迎える老舗和菓子屋で、人気名物は「花園だんご」。花園公園で売っていたことから、「花園だんご」と名付けられたのだそう。小樽花園だんごの特徴といえば、二代目新倉慎太郎氏が考案したという「山型一刀流」という餡の付け方で、背びれのような「羽」が特徴的です。

だんごは国産のうるち米を使用しており、種類は「黒あん・白あん・抹茶あん・胡麻・お正油」の5種類。子供からご年配の方までとても人気があります。残念ながら賞味期限が「当日中」なので小樽市内や近郊の人なら、お土産で買って帰ることができますが、通販等はやっておらずここでしか食べられないので小樽築港付近に立ち寄った際は、ぜひチェックしてみてください!

14:西川のぱんじゅう「ぱんじゅう」

引用: 食べログ

「西川のぱんじゅう」は、小樽駅からすぐの都通りアーケード内にあるお店で、地元小樽では知らない人はいないほど有名なお店です。「ぱんじゅう」とは、小樽で誕生した今川焼きに似た焼き菓子で半球状のあんこを焼き上げた皮で包み込んだパンと饅頭を合わせたお菓子です。

薄くパリパリの香ばしい生地の中には、あんこやクリームなどがたっぷり詰まっていて、外側の食感と中の餡のバランスがとても良く、地元の方や観光客に親しまれている人気商品です。もちろん素材にもこだわっており、生地に使用される小麦粉も小豆も100%北海道産。良心的な値段も魅力的です。

出来立てのアツアツを食べるのがおすすめですが、ご自宅では電子レンジやオーブントースターで出来立ての味を再現することができますでお土産にも大人気のお菓子です。人気があり売切れ次第終了してしまうのでお土産の複数購入の場合はお早めの来店がおすすめです!

15:小樽運河まんじゅう本舗「小樽運河まんじゅう」

小樽の銘菓として有名な「小樽運河まんじゅう本舗」の「小樽運河まんじゅう」。小さめの黒糖味のおまんじゅうで、茶色い皮にの中のこしあんは上品で舌触りがよく、懐かしい味わいです。手ごろな価格なのも嬉しい人気のお土産で、和菓子が好きな方にぜひ買っていって欲しいお菓子です。小樽市入船にある「小樽運河まんじゅう本舗」やお土産総合ショップ「こぶしや」などでも購入可能です。

16:菓匠 小樽松月堂「マロンどらやき」

歴史ある小樽の老舗菓子店「菓匠 小樽松月堂」。大正17年創業で大正時代の面影を残す趣のある店構えが特徴のお店です。そこで人気の「マロンどらやき」。

ふわふわの生地がまるで洋菓子のような食感で、中には北海道産の小豆をふんだんに使用した上品な餡に刻んだ栗が練りこまれています。他のどら焼きとは違った味わいが楽しめるので、ぜひ一度ご賞味ください!和菓子好きな方へのお土産にもおすすめです!

17:スヌーピー茶屋「北海道生キャラメル」

2018年4月にオープンしたばかりの「スヌーピー茶屋」。店内ではランチやカフェを楽しんだり、可愛いキャラクターで人気のスヌーピーのお土産を買うこともできます。

おすすめは小樽店限定の「北海道生キャラメル」。味は地元のいちご「さとほろ」を使用した「いちごと生チョコレート・北海道ミルク・プレーンなど」複数あります。パッケージには北海道とスヌーピーのイラストが描かれたデザインになっているので、可愛いお土産をお探しの方はぜひ足を運んでみて下さい。小樽店限定商品もありますのであわせてチェックしてみてください!

18:あまとう「マロンコロン」

引用: 楽天

昭和4年創業の小樽の老舗洋菓子店「あまとう」。代表銘菓の「マロンコロン」は3枚重ねになっているサブレのまわりをチョコレートでコーティングしたお菓子です。チョコレートの口溶けとまろやかで上品な味わい・3枚重ねにしたサブレのサクサク感が同時に楽しむことができる人気のお土産です。

アーモンドのほか、ウォナッツ(くるみ)・カカオ・チーズ・抹茶・紅茶・いちごと7種類あるので、お好みの味を見つけてぜひ小樽の代表銘菓のお菓子をお土産にいかがでしょうか。

19:あまとう「運河の月」

こちらも老舗洋菓子店「あまとう」の人気のお土産「運河の月」。その名の通り、まるで小樽運河に映る月を表しているかのような、丸くておしゃれクッキーです。お口の中で広がる香ばしいクッキーとなめらかなチョコレートが絶妙な味わいです。

「アーモンド・チーズ・カカオ・ウォナッツ」の4種類あり、手ごろな価格と日持ちの良さから小樽運河のお菓子のお土産の定番として人気があります。個別包装されていてお手頃の価格なので大勢の方に配るお土産にも向いています。ぜひこちらも小樽のお土産候補としてチェックしてみてください!

20:北菓楼「バウムクーヘン妖精の森」

バウムクーヘン妖精の森」は「北菓楼」の小樽本館の開業記念商品として作られた商品で「日本一しっとりとしているバームクーヘン」と称されています。焼き方にこだわりがあり、1層1層じっくりと時間をかけて焼き上げ、一晩かけて生地を熟成させることにより、しっとりとした食感を出しています。

また、材料の小麦粉・卵・乳製品、さらには天然水まですべてに北海道産の素材を使用しており、しっとりとした口当たりと上品な甘さで、懐かしさを感じさせられる優しい味わいが楽しめます。

テレビなどでも何度も取り上げられている人気のお土産ですが、なんと希望すれば「お誕生日おめでとう」などのメッセージの焼き印を押してくれるらしいです。特別なお菓子の贈り物やお土産をお探しの方はぜひチェックしてみてください!

21:北菓楼「開拓おかき」

北海道を代表する製菓メーカーで小樽の堺町通りにひっそりと佇む石の蔵「北菓楼小樽本館」の人気のお土産「開拓おかき」。おかきは北海道産のもち米を使用していて、1週間もの時間をかけ丁寧に手作りしてます。味は海鮮系の「イカ・ホタテ・エビ・たらこ」など計8種類。どれも味が濃厚でクセになる美味しさです。

たくさん種類がありますが、試食ができるのもお土産選びにもおすすめです。海鮮お菓子は小樽のお土産でも人気ですので興味がある方はぜひ立ち寄ってみてください!

22:アンデリス「白いカスタードプリン」

JR南小樽駅から徒歩で約5分のところにある「アンデリス」。北海道初のプリン専門店で赤と白のかわいい店舗が特徴です。店頭のショーケースには余市ウヰスキープリンや3種のチーズプリンなど、常時10種類~15種類のプリンが並んでいます。

その中でもお土産で人気なのが「白いカスタードプリン」。北海道の浜中町原産の牛乳と生クリーム、余市産の新鮮卵を使用したカスタードプリン。独自の製法で真っ白に仕上げたカスタードプリンは、とろっと濃厚でしっかりとしたミルク感が味わえます。小樽に来た記念にお土産としていかがでしょうか。

23:アンデリス「プリン大福」

先ほど紹介した「アンデリス」で最近一押しの人気を誇るお土産が「プリン大福」。浜中町原産の牛乳を使用し、濃厚さを残しつつも甘さ控えめのプリンを大福にした専門店ならではの創作お菓子。

大福の求肥(周りの皮の部分)がフワフワのもちもち食感、それでいてやわらかい。中には少し固めのプリンとクリームがたっぷり入っていて絶品です!期間限定商品もあるみたいなので小樽でしか味わえないスイーツやお菓子・思い出に残るような小樽観光のお土産をお探しの方はチェックしてみてください!

24:PALOM「パリネル」

北海道で有名な「Sweet Garden PALOM」から紹介するのは摩訶不思議スイーツの「パリネル」。驚きのパリパリ食感のパイ生地の中に、トンカ豆のクリームを合わせたお菓子です。トンカ豆というのは、ほとんど市場に出回ることがないくらい貴重な豆で、キャラメルやバニラに似た香りが特徴です。
パイ生地も通常のパイ生地とは全く異なる食感で最高級トンカ豆クリームとの相性は絶妙です。

小樽の堺町通りの中にあるお土産総合ショップの「こぶしや」で購入可能です。小樽のお土産として大人気の珍しいお菓子、気になる方はぜひご賞味ください!

25:PALOM「北海道メロンブッセ」

北海道で有名な「Sweet Garden PALOM」からもう一つご紹介させていただくのが人気のお土産で有名な「北海道メロンブッセ」。外はサクサク、中はフワフワ。さくっとふんわりに焼き上げたメレンゲ生地の間には北海道産のメロンクリームたっぷり詰まったお菓子です。

口の中にジューシーなメロンクリームの濃厚香りが広がり、リッチな味わいが楽しめます。「北海道メロンブッセ」も小樽堺町のお土産総合ショップの「こぶしや」のみで購入可能ですので、喜ばれるお菓子のお土産探し、小樽観光の思い出にぜひチェックしてみてください!

小樽の人気お土産30選【ルタオ特集】

 

View this post on Instagram

 

#ルタオ

midorimanさん(@midoriman28)がシェアした投稿 –

小樽のお土産や人気のお菓子で絶大な人気を誇る「小樽洋菓子舗ルタオ」。数々の人気商品が続々登場し、小樽観光で一番の人気注目スポットです。ロケーションも小樽の観光の中心であるメルヘン交差点に構え、お店も大きな塔のような素敵な建物です。

店内はいつもお土産を探す観光客で賑わっており、ファンもとどまることを知らず増えています。最後はそんな絶大な人気を誇る「小樽洋菓子舗ルタオ」のお菓子をいつくかご紹介致しますので、喜ばれる小樽の素敵なお土産選びの参考にしてください!

26:「ナイアガラショコラブランフレ」

ナイアガラショコラブランフレ」は北海道産ナイアガラワインとホワイトチョコレートをベースに組み合わせたチョコレートです。甘い香りのナイアガラワインを用いて、職人が一つ一つ丁寧に仕上げていき、淡雪のようにとろける口どけに仕上げています。

口の中に入れた瞬間、すっととろけるような口どけと葡萄のフルーティーな香りが、今までのチョコレートの概念を覆すほどの感動で記憶に残る一品になってます。一口サイズで食べやすく日持ちもするため、上げたら喜ばれる小樽の人気のお土産です。日持ちするお菓子なので小樽のお土産にも向いていますし自分用の小樽のお土産としてもおすすめです!

27:「ロイヤルモンターニュ」

ロイヤルモンターニュ」は口どけにこだわって作られたチョコレートで、融点が「22.9度」になるよう緻密に作られた、ルタオこだわりの一品です。ピラミッド型も理想な口どけを実現するための形状で口にふくむと、ゆっくりとなめらかに溶け始めます。

ダージリンティーの香りとチョコレートのコク、口どけのすべてが絶妙に調和し、一粒で幸せになれるルタオの傑作チョコレートです。こちらも人気があり日持ちするお菓子なので喜ばれる小樽のお土産に最適です!また自分用の小樽のお土産としてもおすすめです!

28:「小樽色内通りフロマージュ」

小樽色内通りフロマージュ」は2枚のラングドシャクッキーでチーズチョコレートをサンドし、クッキーとチーズチョコの甘味が見事に調和したラングドシャです。

ラングドシャはイタリア産マスカルポーネチーズとクリームチーズ・オリジナルの生クリームを使用したバターの香り豊かなチーズクッキーで、卵白の量と絶妙なバランスで、さっくり、それでいてしっとり感もあり、軽い食感とほどけるような口どけです。中身のマスカルポーネチーズチョコもしっとり濃厚で、1枚だけでも十分な満足感が得られます。

個別包装されていてお手頃の価格なので大勢の方に配るお土産にも向いています。また自分用のお菓子としてもお土産にいかがでしょうか。

29:「ショコラドゥーブル」

ショコラドゥーブル」は”チーズケーキ”と”チョコレート”の2つを融合して生まれたのが2層仕立てのチーズケーキです。上層は、イタリア産マスカルポーネチーズと北海道産の生クリームを使ったレアチーズケーキで下層はオーストラリア産のクリームチーズにスペイン産カカオ66%のクーベルチュールチョコレートを使って焼き上げたベイクドチーズケーキの2層仕立て。

口の中でとろけるような味わいで、強いカカオ感がありながらもチーズのコクやふくよかなミルク感も味わえバランスの取れた上質な食感になってます。大勢のお土産には向いていませんが、大切な方へのお土産や自分へのお土産にぜひおすすめです!

30:「ドゥーブルフロマージュ」

「ルタオ」の1番人気の商品「ドゥーブルフロマージュ」は、創業以来、長く親しまれている北海道の新鮮な牛乳を使用したミルク感溢れるチーズケーキです。

上層はふわふわでミルク感のある口どけなめらかなレアチーズケーキ、下層は濃厚チーズのコクを感じられるベイクドチーズケーキの2層仕立て。それぞれ異なる味わいが絶妙に絡み合い、驚くほど濃密なミルク感と雪のような口どけにリピートする人が続出し、2014年にベストお取り寄せ大賞の金賞を受賞したことでもその人気ぶりがうかがえます。なお、冷凍商品のため離れた場所のお土産には郵送がおすすめです。小樽のお土産で誰にでも喜ばれるお菓子として間違いない、定番のお土産です。

小樽のお土産の定番ですが、ここでしか味わえない人気の秘密をぜひ一度はご賞味くださいませ!

素敵な小樽観光に!

いかかでしたでしょうか?気になるお土産は見つかりましたか。魅力あふれる小樽には素敵な特産品や美味しいものもたくさんあります。今回は北海道ならではの海鮮系のお土産から銘菓が手掛けるお菓子のお土産までご紹介させていただきました!

ゆっくり小樽観光を楽しんだ後はお土産選びですが、喜ばれるお土産を選ぶのは難しいですよね。小樽のお土産の定番から人気のお菓子や海鮮のお土産とすべて買いたくなってしまいます。大切な方へのお土産や日頃のお礼・小樽観光の思い出の記念に残るお土産と、今回のこちらの記事が「素敵な小樽観光の思い出の最後を飾る特別なお土産」探しのお役に少しでも立ったのであれば幸いです!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
トラベリン

トラベリン

28歳独身ブロガー。ご当地ものに詳しいです

関連記事